<br />
<b>Notice</b>:  Undefined variable: img_alt in <b>/home/users/0/dankan2015/web/hokuryukai.com/wp-content/themes/keni80_wp_standard_all_20190730/template-parts/content-post.php</b> on line <b>36</b><br />

「脱毛したいけど、脱毛方法が色々あってどれがいいのか分からない」、「サロンの脱毛とクリニックの脱毛はどう違うの?」

ここでは、光脱毛・レーザー脱毛・ニードル脱毛の特徴レーザー脱毛機器の効果の違いおすすめの脱毛方法を解説します。

サロンとクリニックの脱毛の違いや、おすすめのサロン・クリニックも紹介していくので、どんな脱毛方法があるのかを知りたい人や自分に合ったサロンやクリニックを探している人は、参考にしてください。

脱毛の種類ってそんなにある?脱毛方法を比較

脱毛方法はレーザーと光、ニードルの3種類

サロンやクリニックで行う一般的な脱毛方法には、「光脱毛」、「レーザー脱毛」、「ニードル脱毛」の3種類があります。

光脱毛

一般的な脱毛サロンで行われる脱毛方法で、「フラッシュ脱毛」とも呼ばれます。毛根のメラニン色素に反応する光を照射することで、毛乳頭にダメージを与えて脱毛します。

脱毛サロンは医療機関ではないので、照射出力が法律で制限されています。そのため、完了までの回数が多くかかりますが、痛みが少なく、肌への負担が少ないメリットがあります。

なお、永久脱毛ではなく「減毛」なので、少しずつ毛が細くなっていき、通うのを止めると再び毛が生えてきます。

ですが、カミソリなどで除毛するよりも効果が高く、仕上がりも綺麗です。3つの脱毛方法の中では、値段ももっとも安価です。

医療レーザー脱毛

光脱毛と同様に、毛根のメラニンに反応することで脱毛します。ですが、光脱毛よりも照射出力が高く、毛根を完全に破壊するため、医療機関でしか行うことができません。

光脱毛よりも毛根へのダメージが大きいので、少ない施術回数で脱毛完了できます。

登場から35年ほどしか経っておらず、完了後の毛の再生率の追跡データが十分でないため、厳密には永久脱毛には認められていません。ですが、理論上は永久脱毛できると考えられています。

ただし、効果が高い反面、痛みが強く光脱毛に比べて値段が高いデメリットがあります。

ニードル脱毛(美容電気脱毛)

光脱毛やレーザー脱毛が登場する前は、脱毛といえばニードル脱毛のことを指していました。ニードル脱毛は、「美容電気脱毛」とも呼ばれています。

ニードル脱毛は、毛穴一つずつに針を差し込み、毛根に微弱な電気を流すことで脱毛する方法で、永久脱毛に認められている脱毛方法です。

光脱毛やレーザー脱毛は面で一度に複数の毛根を狙いますが、ニードル脱毛は毛穴を一つずつ狙うので、特定の毛を確実に脱毛できます。眉毛や髭の細かいデザインにも対応しやすいです。

ですが、痛みが非常に強く広範囲を脱毛するには料金も高いため、現在は施術しているところが少なくなっています。

最近出てきた脱毛はハイパースキン脱毛

最近は、「ハイパースキン脱毛」という脱毛方法も登場しています。これまでの光脱毛やレーザー脱毛は、毛根のメラニンを利用することで、今生えている「成長期」の毛にダメージを与える方法でした。

それに対し、ハイパースキン脱毛とはメラニンを利用せず、「休止期」のまだ生えていない毛の細胞にダメージを与えて発毛を抑える脱毛方法です。

一般的な光脱毛やレーザー脱毛は、毛根を焼かなければならないので高温の光を必要としますが、ハイパースキン脱毛の場合は、体温に近い38度の光で脱毛できます。

そのため、もっとも肌にやさしく、痛みもありません敏感肌やアトピー肌、ニキビ肌、シミ、色黒肌も脱毛でき産毛や白髪も脱毛できます

毛周期に関係なく通えるのはハイパースキン脱毛

光脱毛と医療レーザー脱毛は、毛根のメラニンを利用して脱毛する関係で、施術できるタイミングが限られます。

成長期でない毛の毛根はメラニン色素が少ないので、光やレーザーが反応しないからです。

したがって、毛の成長サイクルである毛周期に合わせて通う必要があり、2~3ヶ月間隔を開けて通わないと効果が出ません。

ですが、ハイパースキン脱毛はメラニンがあってもなくても脱毛できるので、毛周期に関係なく、いつでも効果が出せます

そのため、3~4週間ごとに通えて、短期間で脱毛完了できます。

脱毛機器や機械によっても効果に差がある?

医療レーザー脱毛は主に3種類

医療レーザー脱毛は、大まかに分けて3種類のレーザーが存在します。主流はダイオードレーザーアレキサンドライトレーザーで、YAGレーザーというものもあります。

ダイオードレーザー

医療用脱毛レーザーでは最新のレーザーで、もっとも痛みが少なく、産毛にも効果的です。

ダイオードレーザーの代表的な脱毛器には、ライトシェアデュエットメディオスターソプラノといった機種があります。

ダイオードレーザーは人工鉱石を利用したレーザーなので、用途に応じてさまざまに加工できます。

そのため、脱毛器の機種によってもレーザーの性質が異なり対応できる毛質や肌質も異なってきます

アレキサンドライトレーザー

アレキサンドライトレーザーは、脱毛レーザーとしてはもっとも古いタイプのレーザーです。名前の通り、アレキサンドライトという宝石を用いています。

脱毛効果が高い反面、ダイオードレーザーよりも痛みが強く、産毛や白髪にはあまり効果がありません

ですが、肌のコラーゲンの生成を促す作用があるため、ニキビ跡などの色素沈着やシミ・ソバカスを改善する効果も期待できます。

YAGレーザー

YAGレーザーは、「ヤグレーザー」と読み、シミ治療などにも使用されるレーザーです。人工結晶を用いたレーザーで、黒い色に反応しにくい特徴があります。そのため、日焼けなどで肌の色が濃い人も、効果的かつ安全に脱毛できます。

また、波長が長く、皮膚の奥までレーザーが届くので、毛根が深い毛の脱毛にも適しています

脱毛レーザーの中では痛みも少ないので、男性の髭脱毛などによく使われています。

光脱毛は主に2種類

光脱毛は、主に「S.S.C.脱毛」と「IPL脱毛」の2種類があります。

S.S.C.脱毛

S.S.C.脱毛とは、抑毛効果のあるジェルビーンズが含まれるジェルを肌に塗り、光をジェルに反応させることで脱毛するタイプの光脱毛です。

毛根を直接焼かずに脱毛できるので、肌への負担が少なく、痛みも少ないです。毛根のメラニンを利用する必要もないので、産毛にも効果が出やすいです。

また、ジェルに美容成分も含まれているので、黒ずみ改善などの美肌効果も期待できます。

IPL脱毛

もっともポピュラーな光脱毛です。毛根のメラニン色素に光を反応させることで脱毛します。簡単に表現すると、虫眼鏡で太陽の光を集めて、黒い紙を焼くのと同じ仕組みです。

そのため、光の温度が高く、約60度の光を照射するので、人や部位によっては痛みを感じることもあります。特に痛みを感じやすいのは、VIO脱毛です。

また、メラニン色素が少ないと光が反応しにくいので、産毛や白髪には効果が出にくいです。

結局サロンとクリニックのどっちがいい?

医療クリニックは永久脱毛に近い効果

永久脱毛したい人や、少ない回数で脱毛完了したい人はクリニックのレーザー脱毛がおすすめです。サロンより値段が高めですが、最近は脱毛が安いクリニックも増えています。

ただし、レーザー脱毛は痛くて続けられない人もいるので、テスト照射を受けてから決めると安心です。

クリニックで脱毛するなら、アリシアクリニック湘南美容クリニックレヴィーガクリニックがおすすめです。

アリシアクリニック

脱毛が安く、回数無制限コースも選べます。痛みが少ないダイオードレーザーのライトシェアデュエットをはじめ、一部の院ではより痛みが少ないメディオスターも導入しています。

キャンセルのペナルティがないので、体調や予定が変わりやすい人も安心です。

湘南美容クリニック

脱毛が安く、特にワキ脱毛はサロンより安いです。一部の院を除き、IPLレーザーの「ウルトラ美肌脱毛」か、アレキサンドライトレーザーを選べます。

ウルトラ美肌脱毛は痛みが少なく、毛質に関係なく脱毛でき、美肌効果も期待できます。

全国に多数の院があり、契約院以外でも施術を受けられます

レヴィーガクリニック

脱毛が安いです。ダイオードレーザー、アレキサンドライトレーザー、YAGレーザーを用意しているので、脱毛できる毛質・肌質が幅広いです。

シェービングが完全無料なので、自己処理に自信がない人はスタッフにお任せできます。

サロンは痛みが少なくて安い

サロンの光脱毛は永久脱毛はできませんが、痛みの少なさを重視したい人や、安さを重視したい人にはおすすめです。

ただし、ツルツルになるまでに多くの回数がかかり、毛周期に合わせて2~3ヶ月ごとにしか通えないことが多いため、期間も2~3年はかかります。近いうちに転居や妊娠の予定がある人は注意しましょう。

サロンで脱毛するなら、顔脱毛以外の部分脱毛はミュゼプラチナム顔脱毛と全身脱毛は銀座カラーかキレイモがおすすめです。

ミュゼプラチナム

痛みが少なく、肌への負担も少ないS.S.C.を採用しています。部分脱毛が安く、公式アプリをダウンロードするとコース料金が半額になります。ただし、顔は脱毛できません。

施術後はプラセンタエキス配合のミルクローションで保湿ケアするので、肌が弱い人も安心です。

銀座カラー

IPL脱毛のサロンです。全身脱毛の通い放題コースが安く、顔ありと顔なしが選べます。また、「プレミアムファストパス」で契約すると、年に最大8回通えます

施術後の肌ケアには、医療機関と共同開発した「美肌潤美」を採用しており、肌の調子もよくなると評判です。

キレイモ

日本人向けの国産脱毛器を使った、IPL脱毛を採用しています。全身脱毛が安く、いつでも止められる月額制と回数パック、通い放題プランが選べます。

全身脱毛に顔脱毛も含まれており、月額制以外のプランは顔脱毛をフォトフェイシャルに変更可能です。

基本は引き締め効果があるスリムアップ脱毛ですが、オプションで美白脱毛も選べます。

まとめ

サロンやクリニックの脱毛方法は、主に3種類あります。

光脱毛:サロンの脱毛方法。安くて痛みが少ないが、回数が多くかかる
レーザー脱毛:クリニックの脱毛方法。永久脱毛に近い効果が得られ、少ない回数でツルツルになるが、痛みが強く、光脱毛より値段が高い
ニードル脱毛昔の永久脱毛で、今はできるところが少ない。痛みが非常に強く、値段も高いので広範囲の脱毛には向かない

値段や痛みを考えて、ほとんどの人は光脱毛かレーザー脱毛を選んでいます。安さと痛みの少なさを重視したい人はサロンの光脱毛永久脱毛したい人や少ない回数で完了させたい人はクリニックのレーザー脱毛を選ぶとよいです。

記事を参考に、自分に合った脱毛方法を選んでくださいね。