<br />
<b>Notice</b>:  Undefined variable: img_alt in <b>/home/users/0/dankan2015/web/hokuryukai.com/wp-content/themes/keni80_wp_standard_all_20190730/template-parts/content-post.php</b> on line <b>36</b><br />

太く濃い眉毛は女性にとってコンプレックスになりがちです。薄くしたいけれど、良い方法がわからないと悩んでいる人も多いですよね。

ここでは、濃い眉毛を薄くしたい人のために、眉毛を自然に薄くするのにおすすめのアイテムと自己処理方法を解説しています。また、顔のタイプ別に似合う眉毛も併せて紹介しています。

眉毛を脱毛して薄くしたいと考えている人のために、眉毛脱毛ができるクリニックも紹介しているので参考にしてください。

濃い眉毛を薄くしたい男女多数!濃い眉毛で悩むのはどんなとき?

思春期ごろから眉毛の濃さに悩み始める人が多い理由

小さな子供は自分と他の人の違いを比較しないので、人と違うところがあっても気にしませんが、中学生ごろ、思春期に入ってくると人と違うところが気になり、自分がどういうふうに見られているのかということにかなり敏感になってきます。

体形や顔の作り、眉毛に関しても例外ではなく、女優やモデルのきれいな眉を見てあこがれを抱き、「自分の眉はゲジゲジ眉でダサい!かわいくない!」と嘆く子が増える傾向があります。学校でトレンドに敏感なクラスメイトから影響を受ける子もいますし、いじめられたくないと思ってどうにかしたいと思う子もいます。

濃い眉毛であることの悩み

濃い眉毛を持つと手入れが大変ということがあります。眉毛は人にいつも見られる顔のパーツなので、少しでも手入れを怠ると人にすぐに気付かれてしまいます。

逆にもともとの眉毛が濃いと、眉毛を整えるのに失敗したときにもその失敗を気付かれやすいという弱みがあり、手入れするのにも気を遣います。

濃い眉毛に対する世間一般の見方

眉毛が濃いと眉の印象が顔中で非常に強くなり、意志の強い人と見られる一方で「気が強い人」と見られてしまうことがあります。また、濃い眉毛だと田舎臭く見えてしまうことすらあります。

少し太めの眉毛が流行りになることもありますが、それは眉毛を整えずにボーボーにしておいてよいということではありません。基本的にはきちんと整えておき、その日のメイクのイメージや伝えたい印象によって調整できるのがベストといえます。

眉毛が濃くなる理由

「この眉毛さえ見れば、私がこの家族の血を引いていることが分かる。眉毛が家族みんな同じ」という方は少なくはありません。濃い眉毛のほとんどは遺伝が原因で、自分ではどうしようもないことです。

男性ホルモンの分泌が多いと体毛が濃くなり、眉毛も濃くなることもあります。ホルモンのバランスを崩す原因としては不規則な生活やストレスが多いことなどがありますので、そういった生活が長引くと眉毛が濃くなる原因の一つになります。

やってみたら大失敗!眉毛を薄くしたのになんか不自然な理由って?

自分で眉を薄くしたときの失敗談

「濃い眉毛を薄くすべくすいてみたのに、何だか変だな?」っていうことはよくあります。実際の体験談をご紹介します。

「眉毛は小さなころから濃かったので、とにかくすいたらいいんだと思って毛抜きで抜いていたら、隙間ができすぎて、なんだかまばらな感じになってしまった。ぼそぼそした見た目がカッコ悪くなってしまった。」

「とにかくすいていたらまゆが真っ直ぐになってしまって、まろ状態に…」

「片方に集中していたら反対側とのバランスが悪くなってしまった。」

「いつも抜いていたら、生えなくなってしまった」

「うまく行ったと思ったのに、眉周りの顔の産毛が結構生えていることに気付いて、それも整えないといけないということに気付いた」

「はさみの入れ方がわるかったのか、ガタガタになってしまった」といった声があります。

みんなが憧れる理想の眉毛とは

基本的には眉頭から眉山、眉尻まで自然なラインで結ばれたナチュラルな眉毛が一番好まれます。男性も不必要な部分に生えている眉毛をカットするだけでもかなりスッキリして、爽やかさや好感度が上がります。

ほとんど眉を剃ってしまう人もいますが、一般的には自分の眉毛を極力残しておいたほうがいいです。

メイクだけで眉毛を描くと非常に個性的な眉毛になり、逆にそこだけが目立ち、一般企業では「ちょっと変だぞ」と指摘されてしまうこともあります。

しっかりと自分の眉毛があるのも大切なことです。自分の毛でナチュラルできれいなラインの眉毛がみんなの憧れる眉毛なのです。

理想が必ずしも似合うとは限らないのはなぜか

毎年、毎シーズン、ファッション業界のトレンドは目まぐるしく変化していきます。その中で「この眉毛、かわいい!」という眉毛の形に出会うこともあるでしょう。この頃は雑誌にどうやってその眉毛を作るかということを丁寧に説明したページもあり、トレンドをいち早く取り入れられるのも嬉しいことです。

でも、やってみたらどうも違うということもよくあります。ただ見慣れてないということだけならいいのですが、それ以外の理由もあります。

そもそも、眉毛の眉頭、眉山、眉尻という3つのパーツの位置は人それぞれ若干違っています。特に眉山は眉を上に上げたときに最も動く筋肉の場所に来るようにできています。ゆえに表情と眉毛がうまく連動しするようにできているのです。

ですから、自分の眉の形を無視してトレンドの形を取り入れても、自分の顔や表情に全く合わず、違和感を感じることがあります。

また、顔や目の形も人それぞれです。自分がもともと持っている顔のパーツの個性を生かしつつトレンドを加味していくのが良いのです。

顔タイプ別、似合う眉毛とは

卵型の人は少し斜め上に上がっていくイメージの直線に近い眉が似合います。

丸顔には卵型の方よりも眉山をしっかり出してあげると立体感が出て、甘すぎないスッキリとした印象になります。

面長な方は直線的な形にすると顔の長さが強調されないのでお勧めです。眉毛をメイクで足すときは眉の上でなく下に足すようにしましょう。やりすぎると太くてゲジゲジ眉毛になりかねないので注意が必要です。

三角形型の顔は知的でクールな印象がありますので、クールさを強調したいときは眉山をある程度出す必要がありますが、眉山にあまりポイントを置かず、自然な丸みのあるアーチにすると柔らかい印象を出すことができます。

四角形型の方はえらが張っていることが多いので、丸い眉毛だと四角いフェイスラインが目立つことがありますので、あまり丸いアーチよりも直線的なラインで眉山もなだらかにしないほうが顔のバランスが良くなります。

【美人眉の整え方】自然に薄くしたい人におススメのアイテムや自己処理方法は?

濃い眉毛を整えるためのおススメアイテム

眉毛を剃る派と毛抜きで抜く派がいます。毛を抜くと次に生えてくるまで少し時間がかかるので、手間がかからないからいいと思うかもしれませんが、実は剃るほうが良いです。

なぜなら、毛を抜くとその都度毛穴が開き、それを繰り返すことで肌がだらっとした状態になり、瞼がたるんでしまうという弊害があるからです。

眉毛を整えるのに必要なのは基本的に眉用ハサミ、眉用コーム、剃刀の3つでそんなに特別なものはありません。

剃刀の代わりに眉毛用のシェーバーを使用するなら肌に優しく、細かいところまできれいに処理できるのでおススメです。

眉毛を自然な薄さに整える方法

眉毛の毛の流れを把握しながらコームやハサミを入れることが大切です。眉毛をよく観察すると、眉頭の辺りは上に向かって生えていて、その後は眉山に向かって、眉山の後は下に向かっています。

眉頭の辺りはコームを上からいれてハサミで余分な量を落とします。

その他の場所はコームを下から入れます。コームの角度は眉と平行に保ち、切る量は眉毛の幅からはみ出る余分なところだけカットしましょう。これでガタガタになるとか、切りすぎたということは避けられます。

整えた眉を長持ちさせるには

眉毛はもともと短いものなので、少し伸びても気になるものです。できれば毎日チェックすることを習慣にすることをお勧めします。

でも眉毛を剃るときにしっかり剃っておくことや、眉毛周りの無駄な産毛もきちんと処理しておくとスッキリ感が少し長続きします。

描いた眉毛のラインを数日保たせる「眉ティント」という製品もありますので、毎日描くのが面倒くさいとか、ラインを描くのが苦手でうまく描けたときに保たせたいという方は必見アイテムです。

眉毛の脱毛って効果的なのだろうか

自分で毎回眉毛を抜くのはお勧めできませんが、医療機関やエステで眉毛の脱毛を行っています。眉毛周りは幅が狭く、シェーバーを入れるのが難しく感じる方もいるので、きちんとしたところで脱毛してもらうのは安心ですし、仕上がりは美しく効果も長持ちします。

ただし、脱毛に通うとなると何回か通う時間と費用が必要なのと、眉毛周りは皮膚が薄いので施術の際に痛みを感じやすいこと、脱毛したところに再び生えてくることを期待できにくいというデメリットがありますので、脱毛するかどうかはよく考えてから決定しましょう。

しかし、脱毛後は毛穴が目立たなくなり、肌がスムーズで美しくなるというのも脱毛の魅力的な一面です。

眉脱毛後の手入れは簡単?

手入れを常に行わないといけないという煩わしさから解放されますので、かなり楽になります。鏡をみて「はぁ…」とため息をつくことも減るので、気持ちも非常に明るくなります。

脱毛後にまた毛が生えてくることを期待できないので、流行りにとらわれて個性的な形を希望して脱毛すると後になって困ることが多く、お勧めできません。

しかし、眉周りの無駄毛を脱毛し、眉毛そのものの形はナチュラルに残しておくなら、メイクでその都度流行りの形も楽しめます。

脱毛の施術の流れについて

脱毛が初めての方には特に不安に感じるところだと思いますが、大体の流れをご説明します。

まず申し込みをします。その後実際にクリニックに行き、カウンセリングを受けます。料金やどのように施術が行われていくかを具体的に説明を受けます。

納得したら、診察を受け施術の日付を決めます。施術の当日に必要なことはそのときに説明を受けますので、それを踏まえて施術に臨みます。

顔回りも広く脱毛してくれるアリシアクリニック

眉毛の脱毛といっても眉下、眉上だけの脱毛をしてもらっても何だかスッキリしないことがあります。

もともと眉毛の濃い方はその他の部分の産毛も多く、それらをきれいにするならより眉毛の美しさが引き立ちます。

美容皮膚科のアリシアクリニックは顔の広い範囲の脱毛を実施しており、眉毛だけでなく顔全体をスッキリさせるのを助けてくれます。

使用する施術の機械も痛みの少ないものを利用し、利用者への負担を軽減しています。

まとめ

幾つかのコツをおさえれば、濃い眉毛を自分で整えることは十分可能です。

もし、毎回の手入れが面倒だという方は、クリニックで脱毛してもらうこともできます。

特にアリシアクリニックでは顔の広範囲の脱毛も行い、美しい眉毛と共にスムースな肌を手に入れることができます。

自分に合う方法で濃い眉毛からサヨナラし、美人眉を手に入れましょう。