<br />
<b>Notice</b>:  Undefined variable: img_alt in <b>/home/users/0/dankan2015/web/hokuryukai.com/wp-content/themes/keni80_wp_standard_all_20190730/template-parts/content-post.php</b> on line <b>36</b><br />

顔の産毛の処理方法に悩んでいる人は多く、おすすめの方法やグッズがあれば知りたいですよね。

顔の産毛処理におすすめの方法をランキング形式で紹介しています。肌荒れしないで処理できるやり方も併せて紹介しています。

自己処理が面倒な人のために、お顔そり、サロンやクリニックの効果についても紹介しているので参考にしてください。

顔の産毛が濃い女子、どこまで近づいたら産毛が目立つ?

鏡を使ったセルフチェック

まず自分で鏡を見てみましょう。最初は遠くから鏡の中の自分を見つめ、その後徐々に近づいていきます。そこでふと産毛が目に入るようになったら、その距離が産毛の目立つ距離です。

しかし最初から産毛が目立つ位置が分かった状態でこの方法を試すと、遠い距離でも産毛の場所に目がいってしまい正しく判断ができません。このチェックをするときには、一部分にだけ目線が行かないように注意し、顔を全体的に眺めるようにすることがポイントです。

顔の産毛処理で多い悩み

女性の多くが悩んでいるのが口周りと眉毛の間です。まず口周りですが、例え産毛でも毛があることが分かる程度の濃さだと、まるでひげが生えているように見えてしまいます。そして眉毛の間ですが、毛が濃いと眉毛がつながっているように見えてしまいます。

これらは周りの人に男性的なイメージを与える可能性があるだけではなく、きちんと手入れをしていないという風にも見られる可能性があります。

顔の産毛処理で忘れがちな部分

口周りや眉毛の間は、多くの女性たちが悩んでいる部分でもあるので、こまめに手入れをしている人も多いでしょう。しかし見えにくい部分だと、うっかり手入れを忘れてしまうということもあります。

例えば顎の部分です。濃い目の産毛が生えている人であれば、あごにもひげのような毛が生えている可能性があります。口周りに気を取られてしまい、うっかり忘れてしまうということもあるので、一度チェックをしてみると良いでしょう。

顔の産毛が多いからといって多毛症とは限らない

自分の毛が目立つと「多毛症なのでは」と不安に思う人もいるでしょう。しかし多毛症と毛深いのはイコールではありません。まずはその違いについて説明します。

多毛症は太くて硬い毛が生えるという特徴があります。漢字を見ると「毛が多くなる症状」と思われがちなのですが、毛の状態が柔らかいのであれば、たとえ量が多くてもただ毛深いだけで多毛症ではありません。

どの程度で多毛症と言われるの?

女性の場合は女性ホルモンの分泌が多いので、男性ほど太くて濃い毛が生えにくいのが一般的です。それにもかかわらず、男性と同じくらい硬い毛が生えてくる場合は、男性ホルモンが著しく多く分泌されている可能性があります。

多毛症はただ硬い毛が生えてくるというだけでなく、卵巣の異常や副腎の異常なども考えられます。婦人科系の病気の一種だとも言えるので、毛の太さをはかって診断するのではなく、採血などの検査によって多毛症かどうかを判断します。多毛症を疑っている人は、一度血液検査を受けると良いでしょう。

化粧のりも抜群!顔の産毛処理方法ランキング

オススメ産毛処理方法1位・電気シェーバー

自宅で顔の産毛を処理する場合、一番おすすめの方法が電気シェーバーです。使い方は簡単で、剃りたい部分にシェーバーを当てるだけで処理できます。滑りが悪い場合は専用のジェルを塗りましょう。

電気シェーバーは肌に直接触れない分刺激も少なく済みますが、その分毛も早く生えてきます。伸びが早い方だと1日しか持ちません。

オススメ産毛処理方法2位・カミソリ

安価で購入出来て使い方も簡単なのがカミソリです。まず、洗顔で顔をキレイにして化粧水で肌を整えます。

次に、乳液やクリームをいつもより厚めに塗り、毛の流れに沿ってカミソリを当てていきます。

最後に毛を洗い流し、ローションなどでしっかり保湿をして終了です。電気シェーバーより持続期間は長いですが、1週間もすれば元に戻ってしまいます

オススメ産毛処理方法3位・脱毛ワックス

脱毛ワックスは今生えている毛を根元から抜くことができます。顔専用の脱毛ワックスを使いましょう。まず、洗顔で顔の汚れを洗い流しておきます。その上にワックス剤を塗り、乾いたら一気に剥がします。

肌にかかる負担は電気シェーバーやカミソリより大きいですが、最大で1か月効果が持続します。

オススメ産毛処理方法4位・顔パック

顔パックは産毛が気になる部分に塗るという点では脱毛ワックスと似ていますが、ワックスより粘着力は低めです。

使い方はワックスと同じで、顔の汚れを洗い流したらパック剤を均等に塗っていきます。ムラがあるとキレイに剥がせないので注意が必要です。

顔パックも毛を抜く方法なので、1か月ほど効果が持続します。

オススメ産毛処理方法5位・抑毛クリーム

抑毛クリームは毛の生えるスピードを遅くするもので、使用し続けることで産毛が徐々に生えてこなくなります。

抑毛クリームの使い方は簡単で、通常のスキンケアと一緒に抑毛クリームを塗っていくだけです。抑毛クリームを塗る前には必ずシェーバーやカミソリで産毛を処理しておきます。朝晩2回、気になる部分に塗りましょう。

効果が出始めるのは1か月ほどかかり、完全に産毛が生えなくなるのには数か月かかります。使用を続けていれば、半永続的な効果が期待できます。

アップも余裕!肌荒れしないで顔の産毛を自己処理する方法は?

剃った後の肌は2、3日程度なら持つ

カミソリやシェーバーで手入れをした肌は、一体どれくらいもつものなのでしょうか?個人差があるので一概には言えませんが、大体2~3日と思っておくと良いでしょう。早い人だと、剃った次の日には新たな毛が生えてきている場合があります。

毛を剃るということは、肌よりも上にある毛をカットするということです。そのため少しでも毛が生えてきたらすぐにチクチクするようになりますし、カットされた毛の断面によって、まるで毛が太くなったように見せてしまうというデメリットがあります。

抜いた後の肌は1週間程度なら持つ

毛を抜くと毛根ごと毛穴からなくなります。そのため次の毛が生えてくる際には、毛根の段階からつくる必要があるので時間がかかります。大体1週間前後はもつと思ったら良いでしょう。もし早く生えてくるようであれば、それは毛根が抜けておらず、抜くときに途中で毛が切れてしまったと考えられます。

毛を抜くと剃ったときよりもツルツルの肌を長く維持できます。しかし1本1本を抜くのは時間がかかりますし、広範囲の処理には不向きです。また次の毛が生えてくる途中で毛穴がふさがることで、埋没毛ができる可能性があります。これは剃る処理にはないデメリットだと言えるでしょう。

抜く、剃るは肌トラブルの原因になる

顔の皮膚は他の部分より薄く、産毛を抜くと肌へ大ダメージを与えてしまいます。ダメージはニキビや炎症、シミといった様々な肌トラブルを引き起こす原因となります。

剃る場合も同様で、間違えた方法で顔剃りをすると肌に大きな負担となります。場合によっては切り傷ができてしまい、跡が残る可能性もあります。

肌トラブルを避け安全に顔の産毛を処理したい場合は電気シェーバーが一番です。顔の表面に生えている毛のみを処理することができるので、肌への負担は最小限で済みます。ただし、シェーバーの効果は長続きしないので、気になる方は毎日処理をする必要があります。

顔の産毛処理も、普段のお手入れと変わりない

顔の産毛処理はもちろんのこと、体の他の部分のムダ毛処理をした後にも必ずスキンケアを行う必要があります。

せっかく毛がないツルツルの肌になっても、肌が荒れているようでは綺麗な状態だとは言えません。綺麗に仕上げること、また肌が乾燥によって炎症を起こしたりするのを防ぐためにも、保湿はしっかり行いましょう。

アフターケアの正しい方法

まず基本が肌の保湿です。処理後の肌はとても敏感な状態になっており、外部刺激に弱くなっています。これを守る効果があるのが保湿ケアです。化粧水、乳液、クリームといったスキンケアでしっかりと保湿を行いましょう。

スキンケアは肌に擦りつけるのではなく、手のひら全体で馴染ませるように使います。含有成分も肌に優しいものを使うと良いでしょう。保湿効果が高い成分が豊富に含まれているものであれば、更に効果が期待できます。

できるだけツルツルの肌を長持ちさせるためには?

剃ったり抜いたりする前に、入浴をして毛を温めることが有効です。毛が柔らかくなれば剃る際に無駄な力を入れなくてもスムーズに剃れますし、抜く際には毛穴が開いていて抜きやすくなります。できるだけ肌にストレスを与えないことがポイントとなるので、自宅での自己処理は入浴後にやると良いでしょう。

また家庭用脱毛器を使用するというのも1つの手段です。レーザーや光、熱などで処理をするので、使い続けていくうちに徐々に毛が細くなったり、生えてくるスピードが遅くなったりすることも期待できます。

剃る、抜く以外の処理はないの?

顔の産毛処理であれば、基本的に剃るか抜くかのどちらかになると前述しましたが、実はまだ方法はあります。それは顔用の除毛クリームを使用するということです。

一般的に全身用として販売されている除毛クリームは、顔への使用は禁止されています。しかし顔のように皮膚が薄い部分でも使えるように、専用のクリームも販売されているのです。

顔の産毛を脱色して目立たなくするのは難しい

生えてくる黒い毛が気になるのであれば、脱色をすれば良いと考える人もいるでしょう。確かに脱色クリームを使用することで、毛の色を薄くして目立たなくさせることは可能です。使用方法もただ塗るだけですし、挑戦しようと思った人もいるでしょう。

しかし脱色クリームは刺激が強いので、デリケートな顔に使うのは基本的にNGです。どうしても使いたければ、顔専用のものを選びましょう。

髪の毛の脱色をイメージしてもらうと分かりやすいですが、髪の毛を脱色した直後は全体的に統一感もあって綺麗な仕上がりになっても、時間がたって新たに黒い髪の毛が生えてくると、毛の色が2層になってとても不自然な状態になります。

顔の毛も同様で、たとえ脱色ができたとしても、新たに生えてくる毛は黒色です。黒い毛がところどころ生えているので、それだけでも目立つでしょう。

パックを使いたい人は100均よりもドラッグストアがおすすめ?

人気の女性用顔の産毛処理パックはこれ

最近では多くの産毛処理パックが店頭にありますが、中でも特に人気のある商品をランキングで紹介します。

まず第1位は、「がばいよか剥がすパック炭黒」です。炭やクレイが配合された真っ黒なパックで、産毛の他、毛穴の角栓などもしっかりと剥がします。産毛はとにかく全てオフしたい方には是非使って欲しい商品です。

第2位は、「ミントピールオフパック」です。少し緑がかったジェルでミントの香りが広がり、産毛や角栓もきちんと取れ、はがした後はつるつるの顔になれます。

第3位は、「カントリー&ストリームピールオフパック」です。ハチミツの甘い香りで、産毛と共に気になるTゾーンの角栓も取れます。

口コミでの効果や価格はどうなの?

「がばいよか剥がすパック」は、産毛を取る力が強いので、剥がす時に多少痛いと感じる人もいます。またのばし方が薄いと剥がしにくく、厚いと固まらないので少し扱いにくいです。しかし鼻や額の産毛はきちんと抜けることが多いので、脱毛効果は高いと言われています。価格は、1300円と手頃な価格です。

「ミントピールオフパック」は、ミントの香りを心地よく感じている人が多いです。剥がした時には、顔の角栓などもごっそりと取れているのでスッキリ感を味わうことができます。価格も1500円なので、産毛処理パックの中では中程度の金額です。

「カントリー&ストリームピールオフパック」は、鼻下にある産毛の細かいものは、角栓と一緒に取れますが、あごの産毛はあまり取れない人がいます。しかし価格は1015円なので、産毛処理パックとしては、低価格で気軽に買えます。

毛が濃い人は女性用顔産毛パックでは効果が感じにくい

産毛が濃い女性には、産毛処理パックでは物足りなく感じる人もいます。それは、濃く見える産毛は、太くてたくさん生えており、パックで除毛するには、かなり強力な効果があるものでないと取ることが難しいからです。

一般的な産毛処理のパックでは、角栓や薄い産毛にしか対応しておらず、全部を処理することができません。

どうしてもパックで処理をするなら男性用産毛処理パック

男性は女性よりも皮脂が多く、毛穴も広がりやすいです。産毛もたくさん生えていますが、角栓も気になる人が多くいます。パックを使用することで、古い角質も取れるので見た目もスッキリし、パックの成分によっては潤いも浸透できます。

女性が男性用の産毛処理パックを使用するのは、肌に対する刺激が強いので基本的にあまりおすすめしません

また、敏感肌での人は絶対に使わないで下さい。肌が強い女性がどうしても使いたいという場合には、使う頻度に気をつけましょう。

男性用産毛処理パックが買える所は?

男性用産毛処理パックはドラッグストアの他、ネットで購入することができます。価格も店頭で買うよりも安く手に入るのでおすすめです。また、公式サイトで購入すれば、金額によって送料が無料になることもあります。

男性用の産毛処理ができるアイテムはいくつかありますが、中でもおすすめは女性用のところでも紹介した「がばいよか剥がすパック炭黒」のメンズ用です。

この商品は、顔全体の産毛処理ができるのと同時に鼻などの部分パックとしても使用できます。炭の力で汚れを吸着し、強力に産毛や角質を取り除けるのです。

【おうちで顔脱毛】市販の顔産毛パック!どれくらいの頻度で使うのがOK?

顔の産毛処理パックで脱毛する頻度と生えるスピード

顔の産毛は髪と同じように、人それぞれの毛が生える周期によって生えたり抜けたりしています。ムダ毛の処理もそれに合わせるのが適切です。

鼻下やあごでは、一般的に1〜2ヶ月で生え変わります。一度抜いてしまってもすぐに3週間ほどで産毛が生えてきます。

産毛処理パックを顔全体に使用する場合は、2〜3週間に1度使用するのがよいでしょう。しかし、気になる口の周りのヒゲには、1週間に1度でも大丈夫です。商品によっては週に2回使えるものもあります。

使い過ぎると起こるデメリット

パックを使う時は、使用頻度に気をつけ、むやみに使ってはいけません。頻繁にパックをすると、産毛以外に必要な角質まで剥がしてしまうので、肌トラブルをおこして赤みやかゆみなどを引き起こすのです。

それにより、きれいな素肌を手に入れるどころか、乾燥したり、肌荒れに悩まされることになります。

またパックを塗ってから20分ほどで剥がしますが、この時間も長く置きすぎると剥がしにくくなり、炎症が起きやすくなるのです。

顔産毛処理パックを使用しない方がいい人とは

顔産毛処理パックは、気軽に産毛が取れて顔もつるつるになりますが、肌に負担がかかるので、敏感な肌の人にはおすすめしません。

また、ニキビができている時や、湿疹や傷がある場合も、症状をひどくする恐れがあるので使用を中止して下さい。

自己処理は面倒!巷でよく聞く「お顔剃り」の効果って?

お顔剃り専門店で処理してもらう

自宅で処理が難しい、肌への負担を避けたいという方は、お顔剃り専門店で処理をしてもらいましょう。お顔剃り専門店とは名前の通り、顔に生えたムダ毛や産毛をキレイに処理してくれるお店です。

使用する道具はシェービングで、プロの手による施術で細かい部分までキレイに剃ります。効果は約3週間ほどで料金は1,000円から8,000円と、部位やコース内容により大きく異なってきます。

オルチャン御用達の韓国式糸脱毛の脱毛方法

韓国語で美少年や美少女を意味する「オルチャン」ですが、オルチャン御用達の顔の産毛処理方法の一つに糸脱毛というものがあります。

糸脱毛はアジア圏で昔から行われていた方法で、名前の通り糸を使って脱毛をします。糸脱毛は、専用の糸に顔の産毛をからめとらせて毛を抜くという方法で脱毛します。サロンやエステでも行っていますが、自宅でもできる方法としてオルチャンに人気の方法です。

糸脱毛の気になる痛みや料金、効果

糸脱毛は産毛をからめとって抜くという方法なので、多少の痛みはあります。皮膚が薄い部分は特に痛みが大きくなる場合が多く、痛みに弱い方は刺激が強い脱毛方法です。逆にほとんど痛みを感じないという方もいるので、痛みに関しては個人差がかなり大きくなります。

料金は部分脱毛で2,000円、顔全体で6,000円が相場となります。産毛を根元から抜く脱毛方なので、効果は3週間ほど持続します。

サロンやクリニックの顔脱毛は効果が高い

顔の産毛はエステサロンやクリニックでも施術を行っています。サロンやクリニックで行う脱毛は専用の機械や道具を使用するため、短期間で高い効果が期待できます。産毛専用のコースを設けているところもあります。

料金は店舗により異なりますが、サロンの場合6回コースで約5万円、クリニックの6回コースは10万円程度が目安となります。自己処理の必要がなくなるまでの回数が、サロンは12~18回、クリニックは6~8回前後と大きく差が出ます。このため、場合によってはサロンの方が料金が高くなることもありますが、サロンではキャンペーンなどを実施して通常より安くなる場合が多いです。

自己処理に限界を感じる、永続的な効果が欲しいという方は、サロンやクリニックの顔脱毛がおすすめです。

痛みが少なく肌にも優しいストラッシュ

ストラッシュ

ストラッシュは痛みが少ないサロンの中でも特に痛みを感じにくいです。通常の光脱毛と違って、人肌程度の熱で毛根にダメージを与えられるため、痛みがなく肌への負担も少ないです。

施術できる間隔が短く短期間で通えて、医療脱毛にも引けを取らないほど脱毛完了までの期間が短いです。全身脱毛の料金も安く、顔以外の脱毛も検討している人は全身脱毛も可能です。

充実したアフターケアが受けられるクレアクリニック

クレアクリニック

医療脱毛のクレアクリニックは、充実したアフターケアが特徴のクリニックです。肌トラブルが出やすい顔の産毛処理も、充実したアフターケアで安心安全に施術を受けることができます。

クレアクリニックで行っているアフターケアは、施術後で敏感になっている肌をインドの伝統医学のアーユルヴェーダで美肌治療、植物由来の成分を贅沢に配合したKAMAオイルで保湿ケアを行います。これらのケアにより、施術後の肌トラブルのリスクを大幅に軽減することが可能です。

カウンセリングは無料で行っているので、医療脱毛が初めてという方でも安心です。

まとめ

顔は産毛しか生えていなくても意外にムダ毛が気になる部位で、自己処理に悩んでいる人も多いです。特に、口周りや眉間などは目につきやすく、気を付けて処理をしなければいけません。

顔の処理に一番おすすめなのは電気シェーバーで、肌への刺激が少ないです。しかし、すぐに生えてきてしまうので、こまめに処理をするのが大変です。肌への刺激が少ないとは言っても、乾燥していると肌トラブルの原因になります。しっかりと保湿しましょう。

自己処理を続けていくよりも、サロンやクリニックで脱毛してしまった方が肌には優しいです。自己処理が原因で肌が荒れてしまうことも多いので、肌への負担が気になる人はまずは無料カウンセリングに行ってみてください。