<br />
<b>Notice</b>:  Undefined variable: img_alt in <b>/home/users/0/dankan2015/web/hokuryukai.com/wp-content/themes/keni80_wp_standard_all_20190730/template-parts/content-post.php</b> on line <b>36</b><br />

ムダ毛が気になって自己処理を繰り返していたら、肌表面に出てこない毛が生えてきてしまった、「もしかして埋没毛?」と悩んでいる人もいるのではないでしょうか?表面に出てきていないため、処理が難しいですよね。

この記事では、埋没毛とはなんなのか埋没毛の原因埋没毛は脱毛施術に通えば治るのかについて説明します。埋没毛の悩みを解決するのにおすすめのサロンやクリニックも紹介しますので、埋没毛に悩んでいる人は参考にしてくださいね。

そもそも埋没毛って何?脱毛が原因で起こるの?

埋没毛とは、埋もれ毛とも呼ばれ、表皮の下で生えてしまっている毛のことです。表面からは黒いボツボツに見えます。肌が汚く見えてしまうので、悩みの種になってしまいます。

埋没毛の原因は、主に誤った毛の自己処理です。自己処理で使われるカミソリや毛抜きは、肌に大きな負担をかけます。カミソリは処理と同時に肌表面も削ってしまいますし、毛抜きでムダ毛を引き抜くことによって、毛穴に強い刺激を与えてしまいます。

肌に負担をかけることで、毛穴が閉じてしまい、生えてきた毛が肌表面に出てくることができず、埋没毛が発生します。また抜く途中で切れた毛が、そのまま埋もれ毛になってしまうこともあります。毛穴が閉じている皮膚の下の毛を処理するには、皮膚を傷つけて引っ張り出すしかありませんが、さらに肌に負担をかけることになるので、埋没毛の自己処理はやめるべきです。

特に埋没毛になりやすい自己処理方法と部位はある?

ワックスや毛抜きの自己処理は埋没毛になりやすい

誤った自己処理を繰り返すことが埋没毛の主な原因ですが、特に脱毛ワックスや毛抜きによる処理は埋没毛になりやすい自己処理方法です。毛抜きによる自己処理は、毛穴に大きな負担をかけるのは上で説明した通りですが、脱毛ワックスによる自己処理も同様です。

脱毛ワックスによる自己処理は、粘着シートを毛の流れに逆らって剥がす方法です。毛抜きによる1本ずつの自己処理であっても肌に負担がかかるのに、脱毛ワックスの場合は一気に何本も引き抜くことになります。しかも粘着力の強いシートを使うので、皮膚の角質層まで一緒に取れてしまう可能もあります。

肌のダメージをなるべく少なくして、埋没毛の発生を防ぐためには、自己処理後のケアが大切です。自己処理により火照った肌を冷やし、保湿をしっかりするようにしましょう。

埋没毛になりやすい部位は腕、脇、膝下、VIO

埋没毛が発生しやすい部位は、腕、脇、膝下、VIOなど毛が太いところや肌が柔らかいところです。脇やVIOなどの太い毛は生えてくると目立つので、気になって何度も処理をしがちですが、肌が傷つきやすくなるので、自己処理をしてからまたすぐに処理をするのは避けるようにしましょう。例えばカミソリを使って処理を繰り返すと、深剃りをしてしまいます。

腕や膝下などの、肌が柔らかく凹凸がある部位も、自己処理をすることで肌表面を傷つけてしまう可能性が高いです。肌が傷つくと、傷を治すためにカサブタができ、そのまま毛穴が閉じてしまい、生えてくる毛が埋没毛になってしまいます。

男性なら髭も埋没しやすい

男性の場合、髭も埋没毛になりやすいです。男性の髭は濃く太く目立つので、脱毛する頻度が多いためです。特に髭が濃い人は1日の間に2回以上剃る人もいますよね。

髭が生えている部分は凹凸が多いので、脱毛しづらく、処理に失敗をして埋没毛になってしまうことも多いです。髭の埋没毛は目立つので、無理やりほじくりだそうと肌の表面を傷つけてしまうこともしがちです。しかし逆に炎症を起こして悪化してしまったなどということも起きやすいので、注意しましょう。

埋没毛を自力で治すには、角質ケアを行う、肌の保湿を行うなどをして、自然に埋没毛が肌の表面に出てくるのを待つしかありません。皮膚は1~2か月周期で、ターンオーバーを繰り返しています。新しい皮膚になるときに、埋没毛は肌表面に押し出されます

自己処理で埋没毛になってしまった毛は脱毛で治る?

脱毛は埋没毛に効果がある

「これ以上、自己処理で埋没毛を増やしたくない!でも、埋没毛の処理もサロンやクリニックでしてもらえるの?」と疑問に思う人もいるでしょう。

結論からいうと、埋没毛は脱毛の施術で治ります。サロンやクリニックの脱毛は、メラニンによって毛根に作用するために、皮膚に埋もれた毛も薄くすることができます。自分でピーリングをしたり、スクラブ剤を使って埋没毛を治そうしたりするより、安全でスピーディーな埋没毛対策になります。

ただし、肌が傷ついてしまっている場合は、脱毛の施術を受けることができません。傷んだ肌を治してからの施術になります。サロンやクリニックで脱毛をするのは、安全な埋没毛対策であると同時に、自己処理の頻度が減るので埋没毛の予防にもなります。

脱毛後にはしっかり保湿してケアをする

埋没毛を自分でどうにかしようと誤った自己処理を重ねてしまうと、炎症を起こしてしまい、脱毛の施術も受けられなくなってしまうので、早めにプロの施術を受けることを検討するのがおすすめです。

また、脱毛には乾燥が大敵です。埋没毛の予防と対策のためにもしっかりと保湿をすることを心がけましょう。埋没毛があまりひどくなる前に、自己処理の段階でも化粧水やクリームで保湿をして悪化しないようにしておくと、悩みも解消しやすいです。

乾燥がひどいと、施術ができない場合もありますし、受けられたとしても高い効果を得ることができません。また、施術の照射によって、さらに水分を奪われるので、施術前と施術後、両方の保湿ケアが大切です。しっかり保湿することで、毛嚢炎などのトラブルもなく脱毛が行えます。

埋没毛の対策に最適なサロン・クリニック

サロン

ミュゼ

ミュゼプラチナムの脱毛法は、肌にやさしいS.S.C.方式です。ジェルを塗った上から光を照射するので、美容成分が肌に浸透し、脱毛しながらしっとりとした美肌になれます。激安のキャンペーンを実施していることが多いので、要チェックです。

ジェイエステティック

ジェイエステティックでは、痛みも少なく肌にもやさしい美肌脱毛を行っています。ヒアルロン酸トリートメントを行いながら脱毛を行うので、脱毛するたびに肌が潤います。全身脱毛1回が、60分で終了するというスピーディーなところも魅力です。

クリニック

アリシアクリニック

アリシアクリニックの医療脱毛で使用する脱毛機は、痛みの少ないライトシェアデュエットと短時間で全身脱毛が可能なジェントルレーズプロです。埋没毛による肌トラブルも、医師により即対処してもらえます。全身脱毛でも月額払いにすれば、リーズナブルな料金で施術が可能です。

湘南美容外科

老舗クリニックである湘南美容外科は、埋没毛を自己処理しようとして傷つけてしまった肌への治療も行ってくれます。脱毛サロンのような激安キャンペーンを実施していることも多いです。脱毛機はジェントルレーズのほか、痛みの少ないIPL脱毛機、男性の脱毛にはメディオスターNeXT PROを導入しています。

まとめ

埋没毛とは、皮膚の下で生えてしまう毛のことです。埋没毛の原因は、誤った自己処理によるものが多いです。カミソリや毛抜き、脱毛ワックスなどによる処理で肌に負担をかけ、毛穴が閉じてしまい、生えてくる毛が肌の表面に出てこられずに埋没毛になります。

自分で治すには、保湿ケアをしながら肌のターンオーバーを待つしかありません。埋没毛は、脱毛サロンや脱毛クリニックで施術を受けることが、安全かつスピーディーな対策方法です。

肌が傷ついている状態だと施術が受けられないので、まずは角質ケアと保湿ケアをしっかりとしましょう。サロンやクリニックに通って脱毛すれば、自己処理の頻度も減るので、脱毛と同時に埋没毛の予防にもなります。